展示のご案内

生き物

当博物館の生き物たちです

ハブ

ハブ

全長1.5m。最大で2mにもなります。黄白色に黒の網目模様です。 夜行性でネズミなどを補食し、畑や森林、住宅地にも現れます。 猛毒で咬まれると死亡することもありえます。

ヒメハブ

ヒメハブ

全長80cm。茶色に黒の斑紋模様です。 夜行性でネズミなどを補食し、水辺に多くカエルなどを補食します。 毒がありますが、ハブよりは弱いです。 体形は太く短く動きは鈍く、方言でニーブヤー、クファーと呼ばれています。

アカマター

アカマター

全長1.2m。最大で1.7mになります。赤と黒のしま模様です。 昼行性で活発、畑や森林、住宅、海岸付近まで広く生息しています。 毒はありませんが、食性は幅広くハブを食べることもあります。

オオグチユゴイ

オオグチユゴイ

体長25cm。方言名ミチュー。 水面に落ちるエサにすばやく反応します。 河川で成長し、産卵時に海へ降りるようです。

ホシマダラハゼ

ホシマダラハゼ

ハゼの仲間の中でも大型の類で、全長35cmにまで成長します。河川汽水域のマングローブ域や、その周辺の湿地に多く生息しています。淡水域にも入ることがあり、肉食性です。主に夜間、小魚や甲殻類などを食べます。食欲は旺盛です。

ミナミテナガエビ

ミナミテナガエビ

川の流れのゆるやかなところにいて、2番目のハサミ足(手)が長いのが特徴です。 方言でタナガーと呼ばれているのは、一般にこのミナミテナガエビです。

オオウナギ

オオウナギ

方言名カーランナジ。 ウナギの仲間で最も大きな種類で、大きなものでは全長200cm以上にもなります。

リュウキュウメダカ

リュウキュウメダカ

東村在来種のリュウキュウメダカです。

リュウキュウイノシシ

リュウキュウイノシシ

子どものうちはシマシマがあり「ウリボウ」と呼ばれています。現在、ブタやイノブタとの交雑で遺伝的かく乱が急激に進み、深刻な状況です。 写真のイノシシの名前は「コンスケ」、約7才のオス。ちょっと小型でぶーぶー人なつっこい性格です。

申請者名 東村立山と水の生活博物館 館長 比嘉 一之
事業所の名称 東村立山と水の生活博物館
事業所の所在地 沖縄県東村字川田61-1
動物取扱業の種別 展示
登録番号 沖動展第460号
登録年月日 平成19年7月6日
登録の有効期限の末日 平成29年7月5日
動物取扱責任者 渡久山尚子

このページのトップへ

東村立山と水の生活博物館